施設の成長を支える人材育成                         ~介護は人なり~

一般社団法人 リ・ライフ輝≪キララ≫

理事長 ごあいさつ

 現在、日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳と世界でも長寿の国とされていますが、健康寿命は男性72.14歳、女性74.70歳というデータが出ています。(平成30年高齢者白書・内閣府)つまり、ある一定数の高齢者は、何らかの障害を負って生き続けなければならないということになります。そのような高齢者をはじめとしたすべての人が今まで培ってきた自分の誇りや、生き方を失うことなく、幸せだと感じて暮らして頂くには、周りでサポートする私たち介護福祉職の力が大きいと考えます。しかし、介護職員の体調不良や、支援に対する知識不足や認識不足による利用者への暴行や障害が社会問題まで発展しています。毎日一生懸命、対象者方のためにがむしゃらに頑張る介護福祉職員の方が、介護の仕事に誇りを持ち、国の政策の一部を担っているということを自覚し、職務を遂行していただくことで、そのような問題も解消していくと考えます。

 

正しい知識を身に付け、意識が変わることで利用者本位の行動がとれる介護職員を育てることが、利用者の幸せな生活、人として誰もが尊厳を保ちながら生きる事を支える一番の近道だとリ・ライフ輝≪キララ≫では考えます。

 

リ・ライフ輝≪キララ≫では、介護職員のスキルに合わせたカリキュラムを取り揃え、自分に合った研修メニューを選択することで、スパイラルアップしていただけます。

 

     村上由佳 

     介護福祉士 

        社会福祉士

 

法人について

  経営理念


人は誰もが、自分らしい人生を過ごしたいと願っています。

夢や希望を持ち、自分の人生を全うしたいと考えています。

しかし、突然の病や不慮の事故により身体や心にハンディキャップを負いながらも、

生き続けなければならないこともあります。

そのような時、関わる人々により、その後の人生が大きく左右されるとしたら?

 

リ・ライフ輝≪キララ≫は、ハンディキャップがある人の人生を『再び』『生活を輝かせる』

ための支援を行う介護福祉に携わる人への育成・研修を行う事業を展開します。

 

 

  行動指針


単に自分で『できない事』を、他者に手伝ってもらうだけではなく、自分自身で『できる事』を見つけ、残りの人生を『生きる』ために援助を必要としている多くの福祉の対象者。
彼らの『生かされて生きる』人生を『自分らしく生きる』ことを目指し共に歩める支援者になるために、学び続けたいという介護福祉に携わる全ての方へ


リ・ライフ輝《キララ》が目標とする介護の3K『工夫』『感動』『感謝』を実感し行動に繋げることを目標とした育成セミナー・研修会を企画・運営・開催を行います。

 

 

  研修方針


スタッフが支援する喜び・・・

利用者の輝く笑顔を再び・・・

 

一人ひとりスタッフが福祉に携わる”専門職”として意識を持ち、働く喜びを実感してほしい
介護現場ではスタッフの質の向上は急務だと言われています。

 

リ・ライフ輝≪キララ≫では、人材育成プランを目的別・階層別メニューから、選択することで

レベルアップ(ステップアップ・スパイラルアップ)していただけます。

           ステップアップ表

     

                                                                         PDCA スパイラルアップ



HOMEお問い合わせご利用規約プライバシーポリシーキャンセルポリシー
Copyright (c) 2018 一般社団法人 リ・ライフ輝